2泊3日 中国・北京旅行3日目

2泊3日の中国・北京旅行3日目。

■4:05
起床

■4:25
ホテル発

■5:00
天安門広場

■5:08
昇旗儀式(日の出時刻)

普通に行進があって、旗を揚げる。
何かショー要素があるわけでも、
ものすごい演奏があるわけでもない、
それだけの儀式に、人がかなり集まっていた。

朝早くから、ものすごい人の数だった。

■5:50~6:00
ランニング

人のいない王府井の
メインストリートをランニング。

■6:40
ホテルで朝食(写真は2人分)

普通か、それほど美味しくはない。

部屋に戻って…

外を見ながら支度をして…

■7:25
ホテル発

新東安の裏からタクシーで天安門広場の方へ。
タクシー乗り場に係員もタクシーもおらず、
タクシー乗り場前の道路でタクシーに乗って…

道路をくぐるトンネルを歩いて…

物々しい雰囲気の場所に出るとそこは…

■8:00
毛主席紀念堂(無料)

バッグなどの手荷物の持ち込みが一切禁止。
有料の荷物預かり所で、手荷物を預けて、
財布と、パスポートと、携帯だけを持っていく。

カメラを持っていくのも厳禁。
ただスマホを持ってくのはOKだから、
結果的にカメラOKではあるんだけども。

中国人のツアー客は、外に荷物を固めて置いて、
ツアーの添乗員の人が見ている形。

で、中国全土から人が押し寄せるので…

とんでもない行列。

ツアー客が、ものすごい。
行列は数百メートル。スケールが違う。

ただ、あまり止まらず進み続けるから、
列の割に待ち時間は長くなかった。
(8:20に並び始めて、9:00ごろには館内に入れた)

係員がとにかく厳しい。
少しでも前との距離が空くと
「早く前に行け!」みたいなことを、
スピーカーで怒鳴られる。

それに素直に従い、前に詰める人たち。
と同時に、列を守らずスルスルと前へ進む人も。

この行列の長さと、そういうきつい言葉があったら、
列を守らずに前に行っちゃう人がいるのも仕方ないと思った。

館内はもちろん、撮影禁止。
(建物に入る前のセキュリティチェックあたりから禁止)

館内に入ると、毛沢東の献花台に
花を手向けて、祈りをささげる人が続々といた。

で、その奥にあったのが、毛宅東のミイラ。
防腐処理された遺体が安置されているのを、
眺めて、さっと通りすぎていく。

やけに血色が良く、ろう人形みたいにツヤがある毛沢東。
本物かどうかは分からない。

出口側

毛沢東グッズ売り場 紀念堂は人気なのに買ってる人はほぼいない

また王府井へ戻って、
お茶の店でおみやげのお茶を買ったあと…

■10:30
狗不理包子

鶏胸肉・ナッツとセロリとニンジンの和え物

豆乳

包子(中華まん)

言葉が通じないから、ジェスチャーで注文。

包子が名物で、西太后が好んだことで知られるらしい店。
ミックスという、いろんな味の包子を注文。

正直、カニみそまんとか、野菜まんとか、
くどかったり、味にクセがあったりして、
普通の豚まんが一番美味しかった。

あとはナッツとセロリとニンジンの和え物が、
まあまあ美味しかった。量が多い。

店を出て…

呉裕泰茶荘の抹茶ソフトクリーム。
初日に間違えて、別の店の抹茶ソフトを買ったから、
今度こそ、食べたかった濃厚抹茶ソフトを買った。

ただし初日は晴れで気温2?度、
今日は雨で気温6度。

ソフトクリームの販売場所あたりを
何度か往復したけど、買ってる人は1人も見あたらなかった。
店の人も、ソフトクリーム買うのかよ的な反応。

たぶんこれが最初で最後の北京。
今、買うしかなかった。

味は、濃厚な抹茶!
苦味がかなりあって、美味しい!

初日のソフトクリームよりも、
抹茶感が強くて、食べた甲斐があった。

ただ食べたあと、異常に寒かった。

■12:07
ホテル発

ホテルのすぐ前から、タクシーで東直門駅へ。
北京旅行では、何度かタクシーに乗ったけど、
街でも、タクシー乗り場でも、ホテル前でも、
どのタクシーも親切で、ぼったくられず、
問題なく乗ることができた。

僕ら客が乗ってるのに、家族とスマホの
ハンズフリー通話をしてる運転手はいたけど、
誠実な人ばかりだった。

最後の人は、雨の中でドアを開けてくれて、
にこやかに対応してくれて、とても良い印象。

中国のタクシーはマナーが悪いと、
北京オリンピックのころ聞いたことがあったけど、
全然問題なかった。

ちなみに交通についてもうひとつ。
駅には必ず…

改札から入る前に、
こういう手荷物検査の機械があって、
荷物をくぐらせて、異常がなければ通りぬけられる。

異常と判断されたことはなかったけど、
これがよく並んで、駅で時間がかかった。

■13:05
北京首都国際空港着(第3ターミナル)

■14:05
空港で食事

四川料理的な麻辣鶏肉を食べた。
かなり辛かったけど、旅で屈指の美味しさ。

チャーハンは、味が薄め。
でも麻辣鶏肉の味が濃いからちょうどいい。

飲み物は、鉄観音とジャスミン茶。

この北京旅行で、この空港の料理が、
一番美味しかったかもしれない。
というか、北京旅行中に食べたものは、
全体的にそれほど美味しくなかった。

美味しいところへ行かなかっただけかもしれないけど、
北京はグルメのために行く場所じゃないんだろうなと。
上海の人も、そんなことを言ったりするらしい。

■15:35
北京首都国際空港発

他の飛行機が飛ばないとかで、
出発が遅れつつ…

■19:55
羽田着 予定より5分早く到着

■22:00
帰宅

天安門広場、故宮博物院、万里の長城、天壇公園、
毛主席紀念堂などなど、そのスケールの大きさや、
日本とは違う佇まいとかが面白かったけど、
それよりも、北京を旅して良かったのは、
「中国」という国を肌で感じられたこと。

日本のような自由が、中国にはなかった。

主要な施設や駅では手荷物検査があり、
行列では軍隊のように「前へ詰めろ」と指示され、
ネットはアメリカ系のサイトがつながらない。

中国の人を疎ましく思う人は多いかもしれないけど、
中国で育てば、日本で育った人と、
まったく違う性格や価値観になるのは仕方ないと思った。

情報が国家レベルで遮断されているわけだから、
世界とのズレが生まれるのは当たり前。
中国の人に、悪気があるわけじゃない。

外から見た中国と、中で見た中国は、
僕にとっては、まったく違うものだった。

そしてこの異質感が、刺激的だった。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。