2016 J2 第1節 いわゆるJ2の洗礼

J2開幕戦、清水はホームで
愛媛と対戦し、0-0で引き分けた。

清水にとって初めてのJ2は、
J2らしく守りを固める相手を崩せず、
時間だけが過ぎていく展開で痛い引き分け。

J2っていう大変なとこへ来ちゃったことが、
一発で分かる試合だった。

試合の入り、個の能力で突破するシーンが
2度3度と見られたときは、
イケるんじゃないかと思った。
たとえ崩せなくても、個でなんとかなるかもと。

組織で守られ、個が封じられた結果、
攻撃する術を失った。

今の清水は、組織で崩せるほど成熟していない。
というかここ何年も、熟れる時を迎えていない。

課題は大きく2つ感じた。

・引いた相手を崩せない
⇒ボールを受ける人の動きはあっても、
 そこからの3人目の動きがない。

・トラップが大きい
⇒ファーストタッチが、
 自分の足元の置きたい場所にいかないから
 攻撃ではチャンスが消え、
 守備ではボールを受けただけなのにピンチになる

攻撃が単発で、遅れる。
昨シーズンから守備に定評がある愛媛は、
守りやすい相手だったんじゃないだろうか。

ただ、これは想定内だと思う。

清水はまだ、守備の立て直し中で、
攻撃にそこまで手をつけられていなかった様子。

そしてここ数年、遅攻になったとき、
選手が連動して相手を崩すシーンは少なかった。

それは問題だけど、
まずはチームで守れるようになってきたことで、
攻撃陣に余裕が生まれてくるはず。
ボランチの攻撃参加もしやすくなる。

去年のズタボロ状態からは修復されつつあって、
1枚の布にはなってきてる。
今日はセンターバックが危なっかしかったから、
鉄とはいえない、布だけど、
チーム全体で守れる雰囲気は出てきている。

ここからどれだけ早く、
攻撃が仕上がって来るか。

まずは大前や石毛のドリブル突破か、
テセが復帰してのサイド攻撃で、
得点の形を作れるようになって、

早いうちに3人目の動きで
引いた相手でも崩せるようになり、
中央から竹内とかの縦パスが決まったりするよう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。