リオ五輪 歓喜の木曜日

リオ五輪、歓喜の木曜日。

先週木曜日の朝は、
柔道・ベイカー茉秋、田知本、
体操・内村の逆転金メダル、

そして今日の木曜日の朝は、
レスリングの女子3人、
登坂、伊調、土性の大逆転金メダル。

その瞬間を、仕事先の、
リオを伝えるための現場で迎えた。

試合終了の数分後には
ニュースの映像として出すため、
現場はその試合を見守ったわけだけど、

2週連続で、編集ブースが並ぶ部屋には、
大きな歓声と拍手があがった。

さながらパブリックビューイング。

この興奮は、忘れられない。
というかこんな奇跡が次々と訪れるなんて、
そうそうあるもんじゃない。

ということはつまり、
内村も、レスリング3人も、
奇跡じゃなかったんだなと思う。

伝えるときには、
視聴者の心に訴えたいがために、
安易に「奇跡」と使っちゃうけれど、
実際は起こるべくして起こった、
奇跡という見え方をした、実力の勝利。

連続して起こった偶然に、
選手たちの力を、実感した。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。