東京ゲームショウ2019

東京ゲームショウ2019、
ビジネスデイの2日目に8年連続で行ってきました。


入口にはいつものやつ


話題の「FF7リメイク」や


話題の最新作「龍が如く7」などが注目を集めた


今年はモンハンのコレみたいな、派手なオブジェやイベントは少なく


全体的には「試遊」と「配信」でお祭り感は控えめ(特にSIEは地味)


フードファンタジーに至っては人もいない!


5GでストVをAR観戦するなど、最先端技術をアピールするものや


ゲーミングデバイスが多め。特にゲーミングチェアが多い!


あとeスポーツを扱うブースも拡大していた


VR/ARはアミューズメント専用機器が出展NGとなって話題は少なめ


そんな中、ビームや魔法を撃つAR対戦スポーツ「HADO」は分かりやすい


インディーズゲームはブースの去年までのごちゃっと感がわずかに改善


「ヘッドホンからの音だけで、体のまわりを飛び回る蚊を
スプレーで退治するゲーム」など、挑戦を感じるゲームもちらほら

以前はアプリゲームメーカーがド派手なブースを展開し、
巨大オブジェを作ったり、リングでプロレスをするなど、
お祭りな雰囲気があったんだけれども。

今年はまさに「見本市」といった感じで、
最新のものをどう多くの人に分かりやすく届けるか、
地味でも伝えることを重視している印象だった。

ほとんどのことがネット上で映像を使って伝えられる時代に、
最先端技術やデバイス、eスポーツ体験・観戦といった、
映像ではなく体験で分かるものが多かった。

来年の目玉はたぶん「PlayStation5」。
今年ともまた違ったTGSになりそう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。