緊急事態宣言でバラエティ番組どうなった

緊急事態宣言から1か月あまり、
バラエティ番組を1週間、民放各局全時間帯ざっと見て、
新型コロナ直撃のテレビがどんななのか、おぼえがき。

【主な番組収録の方法】
●スタジオ収録まで終えたストックがある番組
 ⇒通常放送、収録日明記(ときに日付まで出さずぼやかす)

●ロケだけストックがある番組
 ⇒スタジオは出演者間の距離を離して少人数(クロマキー多め)
  orリモートorスタジオなどなし

●ストックが完全にない番組
 ⇒何かくくりをつけた総集編が多め(総集編とは言わない)
 ⇒思い切って過去の内容をそのままやる場合も
 ⇒リモートを使った単発企画

【収録をリモートを行うときの意図】
●世の中でリモートがブームなので新鮮な演出としてあえてやる

●出演者の自宅を見せたい

●リモートにせざるを得ない
 (出演者がスタジオNGの場合や、制作側の姿勢など様々)

【番組内容のトレンド】
●スタジオやリモートのトークはとりあえず
 「最近、家でどうしてますか?」
 「仕事が全部キャンセルになって~」のやりとり

●テイクアウトやお取り寄せグルメを紹介

●新たなロケができないので、過去VTRを見せたあと、
 そこで出演した人や店などの今をリモートなどで取材

●ロケしてあるアミューズメントやグルメスポットは
 「行った気になってご覧ください」と紹介

他にもいろいろあるけど、1週間ざっと見た印象として。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。