夏日にアベノマスクで30分間ランニング

11:29から走りました。

▼GPS時計による記録
走行距離:6.12km
走行時間:30分05秒
平均ペース:4分55秒/km
平均心拍数:152 bpm
最大心拍数:172 bpm

気温26℃、夏日の昼間のアベノマスクラン。

平日の昼前、川沿いを走る人も歩く人も、
さすがにほとんどいなかったから、
(過剰なマナーだけど)すれ違うとき以外は
マスクを下げて良かったんだけども。

暑い日のジョギングでマスクをすることが
どれだけのものか確かめるため、
30分間、アベノマスクをつけてランニング。

結果、アベノマスクは比較的蒸れなかった。

アベノマスクはレベル1の装備だから、
マスクとしての性能が激弱な代わりに、
全体的に通気性が抜群にいい。

ガーゼ自体の通気性というよりも、
ガーゼが浮くし、浮かせられるから、
横やアゴのあたりから空気を出入りさせられる。

いつもと変わらないペースで走ったけど、
いつも以上の息苦しさは感じなかった。

とはいえ、夏は気温25℃じゃ済まないわけで、
35℃の日に走ったら、そんなこと言えないはず。

というか、マスクがあってもなくても、
夏の昼間に走るのは、体に良くないからやめた方がいい。

真夏に密な状態で走る場所なんて見たことないから、
基本マスクをアゴにずらして、人と近づいたときだけ、
マナーとしてマスクを口に戻して走ればいいと思う。

屋外のすれ違いでさえも、感染を怖がる人がいると考えて…

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。