データを使って真実を語らなければならない

「どこかで感染症が猛威をふるったときには、
 データが鍵になるはずだ。

 だからデータそのものの信頼性と、
 データを計測し発表する人たちの信頼性を守ることが、
 とても大切になる。

 わたしたちはデータを使って真実を語らなければならない。
 たとえ善意からだとしても、拙速に行動を呼びかけてはいけない」

(書籍「FACTFULNESS」より)

新型コロナウイルス感染者が、
東京で連日200人を超えている。

そのニュースを扱う番組ではこぞって、
感染症の専門家に、こんな質問をしている。

「この数字(人数)を、どう捉えればいいんでしょう?」

そもそもデータが難しいうえに、
発表する国や都の信頼性が低いから、
ホントはどういうことなのか、専門家に意見を聞きたくなる。

経済を回すしかなくて、
個人の対策に頼らざるを得ない以上、
都合の悪い話もすべて、トップがさらけ出していかないと、
今の時代は特に、新型コロナと共存できないと思う。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。