2020 J1 第5節 特に変わらないからあまり書くことはないけれど

J1第5節、清水はアウェイで
神戸と対戦し、1-3で敗れた。

清水は前半終了間際に、セットプレーで先制されると、
後半はドウグラスに、清水名物・古巣ゴールを決められるなど、
冴えない内容で失点を重ねた。

これでJ1唯一の開幕5連敗。
結果がなかなか出せずにいる。

前節から特にプラスもマイナスもなく、
まだまだ完成は遠いといった印象。

フィニッシュの精度が悪かったり、
攻めきれずにボールを奪われて、
逆襲を食らってしまう場面も多い。

最終ラインから組み立てるときは、
相手に早く寄せられると、まだまだぎこちなくて、
ボールをスムーズに回すことができない。

中途半端な攻撃で守備に負担がかかったり、
守備陣がうまく対処できず攻撃に移れなかったりと、
表裏どちらも問題があって、結果を出せていない。

ただこれは、実戦の中で精度を高めていくしかないと思う。

とにかく辛抱。

アサガオを毎日観察しても、
ほんのちょっとずつしか変化を感じられないけれど、
1か月前と比べれば、大きく成長しているわけで。

アブラムシにやられないよう、
じっくり育つ様子を、楽しみにしたいと思う。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。