2020 J1 第31節 スタジアムに行きたくなる試合

J1第31節、清水はホームで
川崎と対戦し、2-2で引き分けた。

優勝直後の川崎はどこか緩みがあり、
いつになくミスが多め。
一方の清水は相変わらずミスはあったものの、
攻守で連動し、川崎を苦しめた。

これまでの清水ならボコボコにされていた相手、
優勝直後だろうときっとやられていた相手に、
勝てなかったとはいえ、一応踏ん張ることができた。

清水は、クラモフスキー前監督のボール運びと、
平岡現監督が整理したチーム全体の守備という、
両方のいいところが出た試合だった。

極上のカウンター攻撃が美しく決まり、
得意のセットプレーからの得点も生まれ、
全体的に清水の勝ち試合だった。

もちろん、前節までの川崎なら、
清水のプレスをうまくいなす場面がもっとあっただろうし、
決定的なチャンスを外してなかっただろうから、
清水はうまくいかなかったようには思う。

ただ川崎のミスは、優勝直後の緩さだけではなく、
清水がハードワークをした結果、
相手を自由にさせる場面が少なくなったことで、
ミスが生まれたという側面もある。

これまでのように、個人で突撃するプレスじゃなく、
全体が連動して川崎のボール回しに
しっかりとプレッシャーがかかっていた様子は、
清水が前より整っている証だと思う。

まだまだ改善点はいっぱいあるとはいえ、
スタジアムで観に行きたくなる試合だった。

今日のようなサッカーがコンスタントにできれば、
清水のクラブ規模は、もう少し大きくなれる。

クラブがこれまで目指してきたサッカーを、
捨てずに継続してほしいと思う。

そして今日の内容の良さが、
相手によるものなのか、清水が良くなってきたのかは、
次節、ACLを狙っている鹿島戦で分かる。

最後に、この試合のトピックスとして。

川崎が優勝決定直後の試合ということで、
試合前の選手入場時、清水の選手たちが並んで
川崎の選手を迎える「ガード・オブ・オナー」が、
Jリーグで初めて行われた。

ヨーロッパサッカーではよく行われる光景で、
平岡監督と運営の意見が一致して、
やることが決まったのだという。

Jではこんな早く優勝が決まる試合が珍しいから、
たまたま清水が最初になったわけだけど、
勝ちロコしかり、清水がサッカー文化を持ち込むのは、
「サッカーのまち」として長く誇りを持ってきた
静岡県民を刺激する、いい試みだったと思う。

そして、万年2位の時代や、
カップ戦決勝で負けまくる時代があったから、
引き立て役のプロ・清水らしい、とも思ってしまった。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。