銀座は結構な人出

クリスマス翌日、銀座で買い物。

だいぶ賑わっていた。
みんなマスクをしていた。

例年がどんななのか分からないけど、
普段の土日と変わらない人出。

新型コロナの感染予防対策を考えている大多数の人は、
移動じゃなくて行動が大事だと分かっているから、
街でしっかりと対策をして行動する。

新型コロナをさほど気にしていない少数の人は、
外でマスクしてれば何も言われないから、
店で普段一緒にいない人と飲み会をする。

国からの言葉が信用できなくなった結果、
国の偉い人や、都知事が何か言ったところで、
考えて行動する人は自分で判断するようになったし、
考えてない人は無視するようになった。

結果、どちらも街へ出る。

対策が疎かな人を抑え込むには、
厳しく縛る必要があるけれど、
そうすると対策をしている普通の人も抑えてしまう。

悪いがん細胞も、健康な細胞も、
両方壊してしまう抗がん剤みたいなもので、
日本経済への副作用が大きすぎる。

まあ、爆発的に増えない程度で抑えて、
春になって、自然と少し落ち着くのを待つという、
ある程度の「無策」しかないんだろうと。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。