コロナ禍の居心地よさ

僕はフリーランスとして、
十数年、基本は家で仕事をしている。

外へ出るのは、会議や打ち合わせなど。
案件ごとに、別の場所へ行く必要があった。

コロナ禍で、外出する回数は激減。
会議もリモートにだいぶ切り替わり、
家である程度は完結するようになってきている。

人と交流することが億劫な自分は、
コロナ禍に、居心地の良さを感じている。

無駄な外出や移動がなくなった。
相手にとって新しい出会いが減った分、
知っている自分に仕事を頼んでいる部分もある。

ただそれは、
すでに仕事で人とのつながりができていて、
それなりの仕事をさせてもらえていて、

もっといえば大学までに友達と楽しく過ごしていて、
家族があって、子どもがいて。

そういう過去や環境があるから、
今、居心地の良さを感じられている部分はある。

フリーランスで、来年いきなり仕事がなくなることも
ありえるわけだけど、今のところ問題ないことで、
その怖さを想像できていない。

2021年、世の中も自分もどうなるか分からないけど、
リモートはもっともっと進化して、
僕にも、新たに社会へ出る人にとっても、
居心地のいい環境になればいいなと思う。

時代はそっち方向へ動いてるわけで、
やる気のない人があぶり出されるだけじゃなく、
能力のある人やがんばる人が見つかる環境ができればと。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。