新常識に塗り替える作業を

鎌倉幕府が開かれたのは、
源頼朝が征夷大将軍に任命された「1192年」じゃなく、
朝廷から頼朝に権力が移った「1185年」になった。

「士農工商」という身分制度は存在しないと明らかになり、
教科書から「士農工商」という記述がなくなった。

研究や経験が進むと、言うことは変わる。

歴史は世代ギャップで楽しめることだからいいけど、
今を生きるうえで大事なことは、
新しい常識に塗り替えていかなきゃいけない。

新型コロナへの対応がすべて手探りだったころ、
新型コロナ陽性だった人が仕事へ戻るには、
前は「PCR検査で陰性が2回確認されないとダメ」だった。

でも去年6月からは、PCR検査をすることなく、
発症から10日経って、症状が軽快していれば
仕事へ戻っていいし、退院できるようになった。

だけど今も「陰性2回」の知識で
止まってる人がそれなりにいる。

そして「陰性が証明されてないのに復帰はおかしい」と、
おかしなことを言う人が出てきてしまう。

PCR検査は、ウイルスそのものを見つけるんじゃなくて、
ウイルスの遺伝子の一部を見つける検査。
で、死んだウイルスも関係なく見つけちゃうから、
治ったあとでも陽性になる可能性があるという。

そして新型コロナのこれまでの経験と研究で、
ほとんどの新型コロナ患者は、
発症して10日以内に感染力がなくなることが
分かってきたらしい。

だから、新型コロナ陽性だった人が、
退院するときや、自主隔離を終えるときなどは、
発症から10日経って、症状が軽快していれば
PCR検査なしで退院できたり、隔離を終えて
仕事などに復帰できるようになっているんだとか。

ただ怯えるだけの人や、
声高に叫んで聞く耳を持たない人が、
知識を持って正しく恐れるようにならないと、

社会や人に余計な負担がかかってしまうわけで、
「いい国」なんていえない。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。