2021 J1 第3節 負けでもこれまでと特に変わらず

J1第3節、清水はアウェイで
C大阪と対戦し、1-2で敗れた。

清水はこれまで同様、セレッソに対しても
連動した守備を見せていたものの、
まだまだ完ぺきとは言えず、
コーナーキックとクロスを合わされ2失点。

攻撃もやはりまだ前に運ぶのがうまくいかず、
構築の途中といった様子。

悪い意味じゃなく、
状況は前節からあまり変わっていない。

全体では守備がうまくいっているものの、
局所的に決定的な場面を作られることがあり、
相手に決定力があるとやられてしまう感じ。

それはチーム作りの途中だからしょうがない。

ただ、そういう「チーム作りの途中」「土台作り」を、
毎年のようにやっている清水だから、
またしょうがないと言っていいのかという
自問自答はあるわけだけど、今回は今までと状況が違う。

実績ある監督、厚くなった選手層、
選手間で声を出し合うポジティブな変化。

今日はこれまでとそれほど変化がないから、
あまり書きようはなくて、
とりあえず見守っていたいと思う。

過密日程で構築や修正は結構大変そうだから、
ボールを前へ運ぶことができるようになるまで、
少し辛抱しながら、勝ち点1をベースに、
攻撃の個がかみ合った試合では、
勝ち点3を拾っていけるといいないと思う。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。