リンピック

世界的なスポーツイベントでは、
巨額のお金を出しているスポンサーが損をしないよう、
便乗商法を厳しく取り締まっている。

例えばオリンピック。

「オリンピック記念セール」みたいな、
オリンピックという名前を使って、
セールをやるのは、便乗しているとしてアウト。

笑っていいともの「タモリンピック」が
途中から「いいとも選手権」に名前が変わったように、
オリンピックをもじったタイトルをつけるのもアウト。

オリンピックの組織委員会が商標登録している
「東京2020」「聖火」「がんばれ!ニッポン!」
などを、例えばチラシやポスターに使うのもアウト。

ということで、放映権を持つテレビ制作者は、
オリンピック絡みの文言にビビる。
わざわざ近寄らない。

飲食店は「オリンピック見れます!」と告知して、
店のテレビでオリンピックを流すのもアウトらしい。
「がんばれ!ニッポン特別メニュー」みたいな文言もアウト。

オリンピックは崇高な理念を振りかざすけど、
サッカーやラグビーのW杯と同じように、
お金儲けが重要だから、便乗商法には厳しい。
(過去の判例では組織委が負ける例も多いらしいけど)

という、感じの悪い組織。

ただ、五輪開催がコロナ禍で対策して可能かどうかは、
別の話として考えないといけない。

感情論で見失い、失わないよう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。