サッカー日本代表戦のコア視聴率は悪くない

ここのところ続いている男子サッカーの日本代表戦。

世帯視聴率が1ケタだったりして、
昔より視聴率が落ちたと言われているけれど。

今のテレビで世帯視聴率は気にされてなくて、
コア層だとか、キー特性だとか言われる、
主に13~49歳の視聴率が一番大事。

で、この層の視聴率が、そこそこ良かったりする。
めちゃめちゃいいわけじゃないけれど。

放送する局や裏番組によっては、
アジア2次予選みたいな大したことない試合や、
普通の親善試合でも、若い世代が横並びトップになったりも。

若い世代まで男女それなりに見られているという、
スポーツ中継としては珍しい部類だと思う。

ボクシングやゴルフ、野球、フィギュアなど、
若い層の視聴率をとれないスポーツの方が普通なわけで。

今、放映権料や局の体力、コストなどと、
視聴率が天秤にかけられて、
地上波でのスポーツ中継は減っている。

この前のRIZINも同じように若い世代が見てたけど、
いろんなスポーツが、そうやって若い層に楽しまれて、
地上波でスポーツ中継が増えたらいいなと思う。

若くて才能あるスター、気になるキャラクター、
ワクワクする競技性、競技に詳しくなくても楽しい中継。
どのスポーツも、そこに苦労してるわけだけど。

スポーツはお金を払わないと見られない時代に進むけど、
興味を持つ入口として、無料で見られる場があればいいなと。
TVerで見る、でもいいし。

そういう考えも古くなってくんだろうけど、
過渡期として、今はまだ地上波中継は必要だと思う。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。