2021 J1 第21節 内容と勝利

J1第21節、清水はホームで
大分と対戦し、1-0で勝利した。

相変わらずの冴えない試合だったけど、
セットプレーからの得点で勝利。

残留を争う下位グループ4連戦の3試合目、
今のところ2勝1分けだから、いいにはいいんだけど、
同時に不安をぬぐえない試合だった。

内容は良くなかったけど勝てた。
勝てたけど内容は良くなかった。

どちらも言える試合だった。

今日に限っては、
「内容は良くなかったけど勝てた」。

残留を争う下位相手に勝てたことは、
勝ち点を積み上げるうえでかなり大きくて、
残留争いのぬかるみから少しだけ足が出た。

でも、今後への不安として
「勝てたけど内容は良くなかった」。

相変わらずのボールがつながらないサッカー。
パスはやっぱり近い相手に預けることが多く、
スペースじゃなく人がいるところにパスを出すだけだから、
簡単に狙われて、奪われたり、下げさせられたり。

ディフェンスでは、とりあえずクリア。
追い詰められてないのに苦し紛れの四方八方クリア。
無駄にコーナーキックを与えてしまうことも。

つまり、勝てたことは良かったけれど、
まだまだ進化が必要という、凡庸な結論。

シーズン当初は、守りをしっかりやって、
個の力に頼って、偶然でも勝てれば良かったけれども。

それがロティーナサッカーなのかもしれないけれど、
もっと攻守で意図したプレーが出て欲しい。
個を最大限に引き出すための、チームとしての連動性。

ここから中位グループに入っていくには、
勝っただけでは喜びにくい。うれしいけども。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。