2021 J1 第18節 あえていろいろ考えず自信の種になれば

J1第18節、清水はホームで
川崎と対戦し、0-2で敗れた。

今シーズン無敗の絶対王者・川崎を相手に、
前半の早い時間帯に清水のミスから1失点目、
後半の早い時間帯には川崎の連動した攻撃から2失点目。

川崎がACL帰りで疲労の色が濃くなった後半に
反撃したかったものの、ゲーム運びを簡単にさせてしまった。

川崎が余裕からか必要以上にプレッシャーをかけてこなかったことで、
清水はある程度攻撃の形を作れていたものの、
肝心のところではキッチリと抑えられ、得点を奪えず。

清水はだいぶ有利な日程だったものの、
順当な結果に落ち着いてしまった。

前節の徳島戦で引きすぎて、
終始何もできないつまらない試合だったから、
見ごたえのあるプレーが随所にあった今日は、
とんでもなく楽しく感じる錯覚に陥った。

そして、くっそ強い川崎が相手だから、
負けてもしょうがないというのが、見ている側のベースにあった。

だから「いい試合だった」という感覚になっちゃったけど、
実際のところは、そんな喜べるものじゃなく。

前節の徳島戦よりも戦えていたし、
ボール運びや攻撃の形ができていた。

でもそれは、川崎のプレッシャーが緩かったことが
それなりに大きな要因としてあって、
その結果、清水の選手たちはプレーに自信が出てきて、
メンタルが積極的になり、プレーの精度が上がったからだと思う。

もともと、プレッシャーの弱い相手だと、
清水はこれまでも、それなりにボールを運べていた。
お疲れの川崎は、清水にとってある程度戦いやすかった。

それでも決定機でしっかり守られてしまい、
川崎にはさすがの決定力を見せられてしまった。

前節から成長したかというと、なんともいえない。

ただ、今日みたいな積極的な姿勢で、
どんな相手とも戦えれば、結果は少しずつ変わると思う。

やれるという自信。ミスを恐れない気持ち。

たぶん練習ではできていることを、
試合でもどのくらいか発揮できるよう。

選手たちは川崎に疲れがあったのを差し引いて、
自分たちのことを謙虚に評価しているだろうけど、
自信を持つうえで、心から勘違いしてほしいと思った。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。