東京五輪 サッカー男子で日本が準決勝進出

東京オリンピックのサッカー男子準々決勝、
日本はニュージーランドにPK戦で勝利を収め、
ベスト4進出を決めた。

大きな大会の決勝トーナメントで、
簡単な相手など存在しないと経験上知っているのに、
ニュージーランドというだけで、ベスト4は堅いと思っていた。

でもフタを開けてみれば、
フィジカルが強く、堅守でスペースを埋めていた
ニュージーランドを攻略するのは簡単ではなく。

なんとか準決勝進出を決めて、ホッとした。

それで、ふと思ったのは、
準決勝でホッとした気持ちになったこと。

もちろんブラジルやスペインが相手じゃなく、
ニュージーランドが相手だったのはあるけれど、
日本は選手個々の能力がだいぶ高くなった。

これまで巧い選手、速い選手といった、
いわゆる“日本人らしい”と言われた選手は数多くいたけれど、

今のディフェンス陣のような強さを持った選手や、
オフェンス陣のようなたくましく勝負強い選手が、
日本人でも育つようになったのは、大きいと思う。

若いうちから海外で揉まれた選手たちは、
明らかにこれまでの日本のチームにはない、
やってくれそうな雰囲気、
本当に金メダルもあるんじゃないかと思える雰囲気を、
チームにまとわせている。

自信に満ち溢れている選手たちは、カッコいい。

準々決勝の相手は、スペイン。

ひと昔前なら、番狂わせで勝てたらラッキーだった。
でも今回は、苦しい戦いにはなるけれど、
勝てないことはないと思える。

直前の親善試合で引き分けたのは、
調整だから真に受けないでおいたとしても、
今の自信に包まれた、レベルの選手たちを見ると、
期待せずにはいられない。

A代表と同じ監督とは思えないほど、
五輪代表の戦いは面白い。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。