オリンピック閉会式は難しそう

オリンピックが閉幕。

閉会式はつまらないものだったけど、
まあ閉会式って毎回そんなものだと思う。

選手たちがすべてを終えて楽しめるよう、
ご歓談中のBGMを提供するイメージ。
そこまで手が込んでないのも、
会長あいさつがつまらないのも、毎回のこと。

しかも日本には、ロンドン五輪のイギリスみたいに
世界的な有名アーティストがいるわけじゃなく、
だからって開会式がゲーム音楽だっただけに、
アニソンでサブカル一辺倒なのも違うだろうし。

そうなると日本的な、例えば盆踊りで、
本来は選手も出演者もスタッフもみんな混ざって、
わしゃわしゃとやれたら楽しい雰囲気になっただろうけど、
ディスタンスという問題もあってできないから、ああなる。

開幕前の世の中の空気を考えると、
盛大なお祭りという方向でもないから、
静かな感じにしなきゃなんないし…と、
いざ自分が演出する側で考えると、いろいろむずい。

…という凡人の自分とは違う、
実績ある人が集まった演出チームだから、
もっと何かできただろうとは思うけど。

ただ、エンディングはどうにかならなかったんだろか…
聖火を消す前の、広すぎる舞台での演劇と歌。
なぜそれで聖火が消える流れになるのか、
感覚で何も分からないから、締まらなかった印象。

全体的に凡庸なのは仕方ないわけで、
だからこそエンディングを分かりやすくしてほしかった。
エンディングが良ければ、凡庸さには目をつぶれるわけで。

という閉会式だったけど、
毎日家で楽しませてもらったオリンピック。

家で仕事しながら、
オリンピックをチェックしてた楽しい日々から、
コロナ禍でしかない日常へ戻ってしまうという。

ま、日常が戻ってくることで、
有観客のスポーツも戻ってくるわけだけど。

不思議なことに。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。