東京パラリンピック閉会式

パラリンピックが閉幕。

パラリンピックの閉会式は、開会式同様に、
しっかりしたコンセプトがあって、分かりやすかった。

プロジェクションマッピングと見ていて楽しくなるダンスは、
なんとなくディズニーのパレードを思い出した。
開会式で、ジブリっぽさを感じたように。

いい閉会式だったなと思った。

だからといって、オリンピックの開閉会式は、
パラリンピックの開閉会式と比較されるものじゃないと思う。
役割が違うわけだから。

オリンピックは現状パラリンピックよりも
遥かに世界の注目度が高く、日本を発信する場でもある。

だから開会式のピクトグラムやゲーム音楽の入場、
閉会式の全国各地の伝統的な踊りも、
日本のコンテンツのアピールや観光につなげる意味で、
価値があるものだったと思う。

オリンピックの伝統的な踊りや、小芝居の数々が、
ベストの選択肢だったかは微妙なとこだけど…
日本が気になる演出は、大事だったと思う。

パラリンピックの開閉会式を、
もしオリンピックでやっていたら、
芸術性はあるけど、日本の印象は残りにくい。

それぞれに、役割がある。

もちろんオリンピックの開閉会式に、
もっとやりようはあったんじゃないかと思うけど、
あれはあれで、海外の人の印象に残ることがあったなら、
いい開閉会式だったんじゃないかと。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。