2021 J1 第28節 寄せられると相変わらず弱い

J1第28節、清水はアウェイで
鳥栖と対戦し、1-2で敗れた。

左サイドで来シーズン加入の山原が先発し、
昨シーズンとほぼ別チームになった清水は、
さすがに補強効果で少しは形を作れていた。

ただ、数字上は互角の戦いではあったものの、
しっかりと訓練された鳥栖に敗北。

まとまっていて前から寄せてくるチームに弱い、
そんな清水らしい試合だった。

清水はディフェンスラインでしっかりしたプレスを受けると、
いつも以上にうまくいかなくなる。

例えばセンターバックのヴァウドがボールを持ったとき、
相手が早く寄せてくる(ヴァウドにボールを持たせる)と、
ロングボールか、サイドの原へ渡すだけになり、
予測した相手に、ボールを奪われてしまう。

本来なら中盤に預けるとか、
ダイレクトで早く展開するとかできればいいけど、
トラップして持って時間がかかってしまう。

というあくまで例だけど、
あらゆる選手がもっと早く展開できればと。

もちろんボールを運ぶことも大事だけど、
パスのときには、各駅停車にならないよう。

速攻という意味じゃなくて、
相手が寄せてくる時間を作らせないような、
ダイレクトのプレー、判断が早いプレー。

松岡・ホナウドの加入で、中盤で持てたり、
大きな展開ができるようになってきているだけに、
後ろでもスピーディーな展開ができればと。

ピッチにいるうちの半分、夏加入の選手たちは、
戦術の浸透と連係面をキャンプなしでやってるわけだから、
簡単なことじゃないんだけども。

だから残留のためには、
ここから力技でも勝っていかなきゃならなさそう。

あとは前から寄せてこない相手や、
チームとしてまとまりのない相手から、
勝ち点をしっかりと奪えるよう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。