見てない人が炎上に加わる

TBS「ジョブチューン」の料理ジャッジ企画で、
コンビニおにぎりを、有名店のコワモテシェフが
食べずに評価しようとして炎上した。

実際に番組を見て、炎上しすぎだと思った。

シェフは2度も謝り、改善の提案をした。
制作側は厳しさだけじゃなくて、
コンビニ側に寄り添ったシェフのコメントも使った。

でもこの騒動を取り上げた記事には、
そういったフォローを書いてないものも多い。

番組を見た人の一部が不快に思い、
SNSで発信し、それがニュースとして大きな話になり、
番組を見ずにニュースだけ読んだ人が憤り、
祭りを楽しむ人がさらに群がるという、よくある流れ。

食べずに評価することを批判してる人たちが、
番組を見ずに評価しちゃってる滑稽な構図。

だから、そもそも企画が嫌いだとか、
高級店のシェフにコンビニおにぎりなんて分からないとか、
関係ない方向のコメントが増えていく。
それも意見ではあるけど、論点じゃない。

番組が見誤った部分があるとしたら、
このやりとりをカットしなかったことじゃなく、
今回、自分のジャンルではないものも評価させたことかと。

いつもなら、イタリアンのシェフが出るのは、
サイゼリヤみたいなイタリアンの店のジャッジ企画だけど、
コンビニということで、イタリアン以外も評価しなきゃならなかった。

それでもエンターテインメントとしていいだろうとしたんだろうけど、
真面目な視聴者には、納得いかない場面が増えて、
デリケートな状態ができてしまっていた。

ただ、そこの判断は難しいだろうなと思う。
イタリアンのシェフが、おにぎりのジャッジするときくらい難しい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。