東京マラソン開催判断の延期きつい

東京マラソンまでおよそ1か月。
開催判断についての続報が出た。

「開催判断につきましては、まん延防止等重点措置の期限等、
新型コロナウイルス感染症の動向を見定めるため、
2022年2月18日(金)に改めて行う予定です」

今日、中止とジャッジすると思ったけど、
ジャッジの時期を遅らせるというジャッジに。

一番いやーなジャッジをされた。

これまで大会へ向けて21kmを走ったけれど、
大会までに、もう1度長い距離を走った方が
本番で苦しみを味わう度合が減るから良くて、
その期限が、疲労を残さないためにも3週間前までと言われている。

で、本来開催可否のジャッジは1か月前だったから、
やるなら走る、やらないなら走らないはずだった・・・のに。

ジャッジが2週間前になったことで、
大会が中止になったとしても、走らなきゃならない。

友達がパーティーしに来るか分からないのに、
料理を準備しとくみたいな、もやもや。

まあ、そんな経験ないけども。

新型コロナの陽性者数が、
これからピークアウトする可能性は高いみたいだけど、
どうピークアウトしていくかは、専門家も分からない。

ピークアウトしていくスピードがどれだけ速いか、
オミクロン亜種BA.2が感染拡大にどう影響するか、
高齢者にどれだけ広がってしまうのか。

3月頭の状況は誰も予想できないから、
とりあえず結論を2週間先延ばしにしたんだろうけど、
やれるようなやれないような。

そこに、世間からのバッシングを受けてでも、
検査と対策バッチリだからやりますという強い意志があるのか、
単に「まん防」解除なら開催、継続なら中止という感じで、
機械的なジャッジを先延ばししただけなのか。

モチベーションは、上がらない。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。