2022 ルヴァン杯第1節 とりあえずポジティブな引き分け

ルヴァン杯第1節、清水はアウェイで
名古屋と対戦し、0-0で引き分けた。

お互い、リーグ戦から大幅に選手を入れ替え、
サブメンバー中心で臨んだ試合は、
清水が若手主体、名古屋がベテランが多く、
名前を見れば名古屋はこっちが主力なんじゃないかという、
対照的な顔ぶれの戦いだった。

清水はリーグ戦同様、前半途中までボールを持てず、
うまくいかなかったものの、徐々にボールを拾い、
攻撃に転じるシーンも増え、初戦にしてはまずまずの内容。

個々の能力と経験が高い名古屋を相手に、
若手にとってポジティブな試合だったと思う。

初戦だから、試合内容がまだまだなのは、
正直仕方ない。

コンディション、コンビネーション、試合勘、
いろんなものを、ここから上げていく段階だと思う。

そうした中で、前回王者の名古屋を相手に、
アウェイで、けが人が多い中、引き分けたのは、
結果としても十分だったと思う。

コンビネーションはまだまだだけど、
攻撃では相手をいなすシーンや、縦につけるパス、
守備では最後に仕事をさせないブロック、
終盤でもコンパクトに保っていた最終ライン、
献身的な走りなど、要所要所で見ごたえもあった。

もちろんGK大久保などベテランも引き締めていて、
あとは例年と違って、これがどんどん良くなればと!

例年は、この状態から少し良くなったと思ったら、
だんだん自信を失って、開幕より悪化するから…。

今年は上げていってほしいと思う。

遠慮のない意見交換、試合中の声出し、
常に高いところを目指すことを堂々と口に出すこと。

個々の選手が、いい意味で、
空気を読まないようになってくれればと。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。