2017 J1 第14節 独りよがり

J1第14節、清水はホームで
FC東京と対戦し、0-2で敗れた。

ルヴァン杯で脳震盪と
診断されたテセが出場できず、
前半の早い時間帯に白崎が負傷交代したことで、
チームがうまく回らなくなった試合。

前半はしのいだものの、
後半に失点を重ねて敗れた。

チアゴが戦い始めたことが、
攻撃のリズムを悪くした大きな要因だった。

またチームメイトを信じられていないのか、
パスを出さず、自分でなんとかしようとして、
結果、ボールを奪われて攻撃を食らう。

チアゴをまだチームが扱えていない。
チームになっていない。

もったいなかった。

そんな敗因はありつつも、
全体を見れば、敗因は単純にチーム力の差。

チームの攻撃の中心の
テセと白崎がいなかったら、
攻撃がうまくいかなくなるのは当然で。

さらにセンターバックもケガで固定できず、
チームが不安定になるのは、
このメンバーだと仕方ないと思う。

けが人が多い中で、
交代のカードを切っても、
チームがパワーアップしにくいわけで、
先制された時点で、勝つのは難しい。

今日は、難しい試合だった。

2週間後に同じ試合をしなければいいけれど。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。