ふるさと納税「静岡うなぎ漁協 うなぎ蒲焼セット3P」

土用の丑の日ということで、
地元・吉田町に1万円のふるさと納税した返礼品
「静岡うなぎ漁協 うなぎ蒲焼セット3P」を食べた。

地元の吉田町へ、2度目のふるさと納税。

去年、特産品のうなぎを中心に、
ふるさと納税を拡充した吉田町は、
全国でも上位のふるさと納税額に。

商品で釣ってお金を得るようなことは
やらないというポリシーから一転、
ふるさと納税に全力を注いだ結果、
2016年は6億円の寄付額を達成。

30年前と比べて養鰻場は激減しているものの、
周りの自治体と連携して、
うなぎの町をキープしてきた甲斐があった。

で、この静岡うなぎ漁協も、
昔は丸榛吉田うなぎ漁協だったのが、
吉田だけじゃなくなり、周りと連携したからか、
静岡うなぎ漁協へと名前を変えている。

うなぎの味は、申し分なく美味しい。
ホロホロとしていて、口の中でとろける感じ。

タレがたっぷりついていて、
色はうすいけれど、山椒と合わせて味がしっかりしている。

茶碗よりちょっと大きな器で丼にしたから、
ごはんがちょっと多いかなと思ったけれど、
どんどんごはんが進んで、結果ちょうど良かったほど。

安心・安定の静岡うなぎ漁協だった。

昔、おじがこの漁協のお偉いさんだった縁で、
子どものころから、ここのうなぎはよく食べていたけど、
昔からずっと美味しいうなぎを提供している、
絶対的に信頼できるメーカー。

大学時代も、この真空パックの
冷凍うなぎがよく送られてきたけれど、
美味しさは静岡うなぎ漁協になっても変わらない。

相変わらずの美味しさだった。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。