コロナと収録

新型コロナ感染拡大の対策として、
月曜から夜ふかしが、一歩踏み込んだ対応をした。

スタジオ収録では
「スタッフやカメラ、スタイリストやメイクが集まる」
ことから、出演者2人の音声のみを収録し、
VTRに2人の音声、ワイプなしという異例の放送をした。

それを「演出」として、面白く見せていた。

新型コロナ対策でスタジオ収録してますというなら、
このレベルまでやらないと意味がない。

テレビ番組は、生放送の情報番組を中心に、
見せかけのコロナ対策がまだ多い。

出演者間の距離をあけるとか、
局内の別の部屋から出演するとか、
ほとんど意味のないことをやっている。

密集しないのは当然大事なんだけど、
スタジオで隣り合った出演者同士、
感染リスクが高くなるほど、
相手に唾液を飛び散らすようなことはほぼない。
基本、正面を向いてしゃべっている。

距離を空けても、別部屋にしても、
人や物との接触は、普段と同じくらいある。

むしろ別部屋にすれば、その部屋にもスタッフが必要で、
無駄な人員を配置することになってしまう。

「密を作らない」というアピールに過ぎないし、
スタッフ含めた全体の接触を減らす解決にはなっていない。

番組に関わる人を最小限まで減らす、
月曜から夜ふかしの対応はベターだと思う。

まあ接触をなくすには「収録しない」の方が、
対策としてはベストなわけだけど。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。