全国大学ラグビー選手権決勝で会ったご夫婦と話して

帝京大学が前人未到の6連覇を達成した、
昨日の全国大学ラグビー選手権決勝。

その試合を観戦した帰り、
ファミレスに寄ったときの空席待ちのとき、
50代くらいの夫婦と少し話した。

ご夫婦はどっちの応援でもなく、
大学選手権の決勝を20年以上も?
毎年見に来てるそうで、
味スタになった今年も例外なく見に来ていて。

今年の感想を聞いたら、
今の大学ラグビーを憂えていた。

それは帝京大6連覇という、
「1強時代」になっていること。

これまで連覇した大学を見ても、
同志社の3連覇だったり、
早稲田や明治とかの2連覇で、
こんなにも連覇が続くことはなかった。
ここまで強いと面白くないね、と話していた。

じゃあどうすればいいか。
ご夫婦にも、解決策は見つかってなかった。

帝京大以外が力をつけるしか、
方法はないのかもしれないですねってことで、
ふわっと話は終えるしかなかった。

今回決勝の観客数は12107人。
2年前の決勝は同じカードで20050人。
聖地・国立じゃなくなったことだけで、
8千人も観客数が減ったのだとしても、
どうせ帝京大が勝つんでしょっていうことで、
減ったというのがあるとしても、
どっちにしても、今の状況は良くない。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。